明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

追記【イベント】「大人のワークショップ」ご報告

イベント・オープンハウス2017.11.28

去る日曜日、
先月ブログで募集しました「大人のワークショップ」を開催しました。
当初の予定人数は6~8人でしたが気が付いたら10人を越えていて、
慌てて締め切らせていただいたイベント「スツールの座面を編もう!」です。

今回の先生は家具作家として活動してるハンドワークスファクトリーの久留さん。
そして頼もしいアシスタントには、
現在建築を勉強中の高校生のお嬢さん。

お二人は早朝、たくさんのスツールの脚を車に積んで藤枝市から来てくれました。
スツールの脚はタモとホワイトアッシュ、予めOFで仕上げてくれています。

天然の木なので、同じものは2度となく異なる木目、異なる色。
まずは気に入ったフレームを選びます。
このフレームにペーパーコードを編みつけてゆくのです。

久留さんの簡単な説明が終わると、
とにかく手を動かしてみましょうということで編み始めスタート!

椅子の座面は強度が必要です。
初心者がこのペーパーコードで上手くできるのかな・・・。

コードを継ぐ要の部分は、都度先生がサポートしてくれます。

ここで、普段は見かけない初めての道具も登場。
紐を挟んでいるハサミのようなもの、これに刃はついていません。
紐を押さえるクリップで、聞いてみると外国製とのこと。
こうゆう新しい道具に触れることも、楽しいですね。

そもそも集まった方は「作ること」が好きな方ばかり。
あっという間に「スツールの森」の中に入り込んでしまいました。
あとは、無我夢中で編むばかり。

こちらは、親子3人で協力して製作中。
おばあちゃまのお誕生日プレゼントだそうです。

午後3時過ぎ、最初の完成者が・・・

こちらまで嬉しくなってしまうほどの満面の笑みです。

こちらも、もうすぐ終わりそう…。

途中、間違えが見つかり戻る方も複数いましたが、
みなさん無事完成しました。

後ほど、妥協しないで完成を目指す気持ちに
久留さんも感動していました。

完成したスツールは座面の編地が美しく、
座ると編み座特有のテンションが効くので
とても座り心地が良いものに出来上がりました。

完成後は、みんなでおやつとワインで交流会。

「作るって愛着がわくね」
「夢中になれた!」
「もう1脚欲しくなちゃった」

早速、完成したスツールに座る方もちらほら。

参加いただいたみなさん、HWFさん、
楽しい時間をありがとうございました。

私はその夜、しばらく興奮が覚めず寝付けずにいました(笑)

それぞれのスツールは、
今頃それぞれのお家の大切な一脚となっているんだろうなぁ・・・。

HWFさんのブログでも今回のワークショップの様子がご紹介されています。
よろしければどうぞ。

 

(Misako)

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。