明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

建築散策・・・高架下は楽しい!

日々のくらし2018.06.18

学生の頃から建築の勉強と称して街へ

そんな街歩きで撮りためた写真の中から

今回は今年5月に建築学科の学生と行った

浅草橋から神田、秋葉原、御徒町、上野にかけての

電車の高架下巡りをご紹介。

まずは「浅草橋駅」から秋葉原かけての「総武線高架下」

ここは耐震補強工事のためか改修工事が進んで

スケルトンになったり建て直されたり数年前とは

変わってしまいましたが

少しだけ昔の面影が残っているところをご紹介。

 

秋葉原に着いたところで

ちょっと神田方面へ足を延ばして高架下倉庫群を散策後

1912年に完成した赤レンガ造りの「万世橋駅」を

リノベーションした商業施設MAACH ecute」へ

設計は「みかんぐみ」

昔の記憶がよみがえってくるリノベーションが見事!

 

万世橋側から「MAACH ecute」を抜けると昌平橋

中央線・総武線・丸の内線が神田川を交錯し

奥に山田守設計の聖橋が見える東京のお勧めの写真ポイント

今回は珍しく中央線・総武線・屋形船も!

あと丸の内線がくれば・・・残念!


 

続いて、秋葉原から御徒町につづく「2k540 AKI-OKA ARTISAN

「ものづくり」をテーマの施設

ギャラリー、工房、カフェ、ショップがあり

高架下とは思えない土木と建築の融合した真っ白な空間で

いろいろな職人さんの技を見ることができます。

ちなみに

2k540」は東京駅からの距離

AKI-OKA」はもちろん秋葉原ー御徒町

ARTISAN」はフランス語で職人

 

さて最後はやはりここ

「アメ横」ここは説明はいりませんね。

新しい「MAACH ecute」や「2k540 AKI-OKA ARTISAN」より

「アメ横」の居心地が一番と感じたのは僕だけかと思ったらそうでもなく

何がそう感じさせるのか・・・「アメ横」の魅力は?と

お昼ご飯食べながら、街歩き談義。

 

学生が新しい視点で街を見ていて

あらためて自分が歳をとったなと

若い人といろいろ話をしないと・・・

反省させられた一日

 

また何時か、わくわくする街をご紹介します。

さて、この夏はどこへ?

Takeshi

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。