明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

【Blog内写真展】二子玉川の住まい

ただいま仕事中2019.08.23

先日の二子玉川のオープンハウスには、猛暑にもかかわらず
たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。

あらためてお礼申し上げます。

当日はお施主さんに写真撮影の許可をいただいていたので、
たくさんの方が写真を撮っていました。

そんな状況を見ていると、あれ?と思うことがあります。
図面を描いて現場に幾度となく通い、誰よりも多く写真を撮ってきたのに
私達が一度もカメラを向けたことのない場所やアングル、
一体みんなどんな写真を撮っているんだろう・・・。

今回、建築を学んでいる学生が撮った写真を送ってもらったら、
それぞれが個性的で面白い!

・・・ということで、
Blog内写真展のはじまり、はじまり~

 

2階寝室は、広角だとこんなふうに映るんですね。

 

 

同じ場所でもこんな切り取り方もあります。

この写真はちょっと衝撃でした。
かっこいい!

 

2階子供室からアトリエをのぞく小窓。
下に人がいるところを狙ったので、距離感が表現されています。

 

何だろう?ってのぞきたくなるよね。
・・・思わず笑ってしまいました。
ストーリー性を感じる写真。

覗いた先は、こんな感じ。

 

何の変哲もない階段ですが、不思議と階段を撮った人が多い。

グッドタイミング!

 

斜めから撮るんだ・・・なるほど。

 

上から見ると「白と木」ですっきり明るく見える階段も
下から撮ると・・・

蹴込みがグレーなので表情がガラリと変わるんです。

 

壁をまたいで廊下と寝室を一度に撮る。
これも斬新なアングル。

 

今回、質問の多かったヌックに使用していた「昭和レトロガラス」。
透明だけど風景がゆらぐ感じ、私はこの感じがなかなか上手く撮れなかったのだけれども。

ゆらゆらとした水の中にいるような感じ。

 

枠の中にペンダント。

 

ガラスに映った手前と透けて見える向こう側、両方が重なる不思議な世界。

ホール―ヌック―デッキ―シンボルツリー
重ねて重ねて。

あの日は暑くて、デッキに出る人はほとんどいなかったけれど、
このデッキ本当に気持ち良いんです。

下を向けて撮る。

学生から送ってもらった写真の数々には、
私が撮りたくて撮れなかったもの、
何度も通っていたのに見たことのなかった風景が映っていました。

<Special Thanks>(順不同 敬称略)
榎本 久保 田原 白馬 白濱 望月 木村

どの写真が自分の撮った写真かわかりますか?

(Misako)

 

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。