明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

アングロポイズ

日々のくらし2019.09.03

「すみません・・・見えなくて・・・」

お施主さまとのお打合せ時に、

岳司がこんなことを頻繁に言うようになって既に数年が過ぎた。

私達の事務所では、100Wクリプトン球の付いたペンダントライトのもとで打合せを行う。

10年前は少し調光を絞ってもまったく問題なかったはずなのに、

今では調光をMAXにしてすぐ横のダウンライトを点けて、それでもまだ暗いという。

もちろん今後目が良くなる見通しはまったくなく、

最近では私も暗さを感じるようになってきたので、

ついに明るさ足すことにした。

 

もし、スタンドを買うことがあったら「これ!」と決めていたのが「アングロポイズ」。

誕生から80年以上が経つメーカーで、

イギリスでは「デスクスタンド=アングロポイズ」だそう。

さまざまなところとコラボもしていて様々なデザインのものがあるようですが、

私が選んだのは、同じくイギリスのデザイナー、マーガレット・ハウエルとの

コラボ商品の「TYPE75」。

 

同じメーカーの他の商品に比べるとカジュアル、そして可愛い。

うん、さすがにパッケージもカッコイイ。

梱包を解いてしまえばオシマイなのだけど、

このドキドキを与えてくれるひとときはすごく貴重。

 

選んだのはイエロー。

形はシンプルでスタンダード、だけどこの色味はなかなかない。

このスタンドは基本的にはデスクスタンドで売られていて、

フロアスタンドにする時は部品を更に買い足す必要がある。

無駄な気もするが、考えようによっては時々気分を変えることができるということだ。

 

岳司が組み立てていると、さんごが寄ってきた。

新しいものが住まいに持ち込まれると必ずチェックするんだよね。

さんご的にはどうでしょうか・・・?(笑)

完成。

まずは、フロアスタンドで使います。

いまさらながらペンダントのルイスポールセンとシンプルな形は似ているかも。

好きなものは似ちゃいますね。

今後は、見えにくい時はこんなふうに打合せにお邪魔します。

「すみません、見えなくて」というのが少しは減ると思います。

・・・ほら、明るい。

・・・スタンドよりも後ろのけやきの幹にとまっている蝉の数の方が気になりますかね(笑)

この夏の一番大きなお買い物でした。

(Misako)

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。