明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

「竣工写真」とは呼びたくない

ただいま仕事中2019.10.21

この週末、夏にお引渡しをした「河口湖の住まい」の竣工写真を

撮りに行ってきました。

・・・「竣工写真」とは書きましたが、実は今回ばかりは竣工写真とは呼びたくない。

以前のBlogにも書きましたが

このお住まいは私達が16年前に設計させていただいたもの。

今年ふたりのお子さんが巣立ったことを機に、

これからはご夫婦それぞれのスペースを充実させようということで始まった計画でした。

すでに長い時間を経ていて、隅々まで生活が染み込んでいます。

お施主さんは使い込んでこすれたクロスや傷のついた床材は

むしろそのままにしたいと言いました。

「これは長男が成長期の頃、

ジャンプして天井に手をタッチする癖があってできた傷なんです。」

天井のクロスが一部剥げていた。

「こうゆうの、全然嫌じゃないんです。」

私もいいなぁ~と思う。

だから、新しく取り替えるのではなく、今までの住まいを活かしたまま

今後の生活に合うようにミニマムに手を入れたリノベーションです。

植物は奥さまの趣味でもありお仕事でもあります。

16年前欲しかったけれど、実現できなかった温室。

配線ダクトを付けて照度を補い、部屋の一角を冬の間、温室代わりに使えるように。

16年を経て実現しました。

温度の管理の為にガラスの建具を入れました。

ふたりで使ってきた子供部屋は、思い切って半分近くを収納にしてご主人の部屋に。

沢山の本やレコード、楽器がすっきり納まりました。

そして今までご主人の書斎だった3畳程のスペースは、

少しだけ壁を移動して奥さまのスペースに。

すっかり日常に馴染んだ空間は

「竣工写真」ではなく、生活のワンシーンに過ぎません。

そして、こんなふうにさもない生活の風景を撮れるのが実は一番嬉しい。

近々「Works」にbefore→afterでアップします。

お楽しみに!

(Misako)

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。