明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

「換気」に関する緊急会長談話(空気調和・衛生工学会、日本建築学会共同発表)

スクラップ2020.03.27

新型コロナウィルス感染予防の為、

マスク着用や手洗い等毎日それぞれができことを努力していることと思います。

その中でも「換気」が大切なことは当初から言われていますが

3月23日に空気調和・衛生工学会と日本建築学会が「換気」に関する緊急会長談話を

共同で発表しています。

その中から一般に誤解されていることや、

すぐに役立ちそうな部分を抜粋してお知らせします。

(当方が重要だと思う部分を赤字にしています)

 

以下、抜粋

「一般的に換気には窓を開けて行う自然換気とファンなどを用いて行う
機械換気があります。窓がある建物や乗り物では積極的に窓を開けて外の
空気を取り込む
ことが有効です。自動車などでは内気循環モードではなく
外気を取り入れるモードにする
ことが有効です。機械換気を適切に行うに
給気口や排気口が塞がれていないことが大切です。換気ファンを運転し
ても給気口が閉まっていないか、物などで塞がれていないか確認すること
が必要です。」

「窓の開かない部屋などでも機械換気を利用することで換気を行うことは
可能です。オフィスビルなどでは、換気が可能な空調設備で室内環境が維
持されています。通常は省エネルギーを考えて必要な換気量を満たすよう
に運転されています。外気を多く取り入れると冷暖房効率は悪くなります
が、業務に支障がない範囲で、外気取入量を増やすなどの対策を講じるこ
とは可能であると考えられます。」

「また、通常の家庭用エアコンやパッケージエアコンは空気を循環させる
だけで、換気を行って
いません。エアコンを ON にしたから大丈夫という
訳ではありません。エアコンだけの部屋では窓開け換気や設置されている
場合には換気システムの運転
を行うことが推奨されます。」

空気清浄機に関しては、一般的な空気清浄機では、通過する空気量が換
気量に比較して少ないことから部屋全体に対して新型コロナウイルス対策
に充分効果があるかどうかは不明です。利用する際には人の近くに設置す
ること
などが必要となります。欧州暖房換気空調協会(Federation of
European Heating, Ventilation and Air-conditioning Associations, RHEVA)
が公表しているガイドライン[10]では、空気清浄機にも幅があり、それだけ
に頼るのではなく通常の換気を行うことが推奨されます。」

最後に、このようなコメントもありました。

「換気の方法などに関して述べてきましたが、新型コロナウイルス対策とし
て最も重要なのは、飛沫感染、接触感染を避けることです。飛沫核除去に換
気は有効ですが、換気をするだけで感染リスクを充分に低減できるという考
えは避けて頂くことが望ましいことになります。」

全文を読みたい方はこちらへ

新型コロナウィルス感染症制御における「換気」に関して緊急会長談話

 

 

(明野設計室)

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。