明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

【くらしの道具】コップ

日々のくらし2021.01.29

30年近く毎日使ってきたコップ、DURALEXのピカルディ。
全面物理強化ガラスでできたこのコップは、とにかく丈夫。
何度落としてヒヤリとしては、その丈夫さに救われてきたことか。
100度の熱湯を注ぐことができ、冷凍庫に入れても全く問題ない。

 

生活の一部として長い間愛用してきたけれど、
そろそろ別のものに替えてみたいなと数年前から代替を考え始めていた。
私のモノ選びの基準はかわらないけれど、
よりくせのないデザインを好むようになってきたように思う。

スタッキングできること
いつでも買い足せるロングセラーの定番品
シンプルで「普通」の形
丈夫なこと
値段が高過ぎないこと

使ってみたいおしゃれなコップはあるけれど、
これらの条件を全て満たしてくれるものは、なかなか見つからない。

やっと見つかった!とパーフェクトに条件を満たしているように見えた
ボルミオリ・ロッコのボデガも、
実際に持ってみると私の手には余る大きさだった。

シンプルだけど太めにストンと落ちたプロポーションが少し個性的で、
飲み物以外にも幅広く使えそうな形状がいいなと思い最後まで悩んだが、
毎日使うものだから、やっぱり持った時の感覚を最優先にしたい。

 

 

そんな厳しく欲張り過ぎる条件をくぐり抜け、
遂にこの度、新しいコップが届いた。

悩みに悩んで最終的に選んだのはイッタラのカルティオ。

「毎日使うのに相応しいシンプルで丈夫なグラスを」と
カイ・フランクによりデザインされたものだ。

私より更に年上の1958年生まれのカルティオ。
還暦を過ぎてもタイムレスなデザインは本当に素晴らしいと思う。

シールを剥がしてしまえば、何の変哲もない「普通のコップ」。
このアノニマスな感じが最大の魅力だ。
もちろん私の手でもしっかり握れる。

でも、このコップは強化ガラスでも耐熱ガラスでもないから、
これからは冷凍庫にいれることも熱湯を入れることもできない。
条件をひとつ譲ったこととなった。

結局、美形には弱い・・・ということか!?

(Misako)

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。