明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

宿題提出

ただいま仕事中2021.09.14

夏のあいだ続けていた人工芝温度比較実験。
秋も近づいてきたので、このあたりで終わりにしました。

ところどころグラフに変な動きがありますが、
全体的な傾向は掴めたのかなと思います。

注目の各項。

・メモリーターフ28 VS リアリーターフ25 VS コンフォニーターフ
人工芝は、どれも熱いです。
晴天時最高は80℃超え。
ただ、雨や水、少しの影でも急激に温度が落ちます。
気温から温度をもらっている印象はあまりなく、
あくまで日射からという印象でした。


(写真はリアリーターフ。メーカーさんに聞いたコンビニ横広場での実例)

硬め、枯草入り、寝なそうなのがメモリー。
柔らかめ、若々しいのがリアリー。
最低温を誇るものの白糸が目立つのがコンフォニー。

 

・イペデッキ(天然木) VS アースデッキリボーン(人工木)
グラフの動きは似ていました。
アースデッキのほうが、いち早く温度上昇していた印象。
ですが、日射時に踏んでみると、熱く感じるのはイペデッキのほう。
おそらくリブ加工が効いていますね。

実際に感じる熱さは、
80℃人工芝(毛状)< 70℃人工木(リブ形状)< 65℃デッキ(面状)

結局、物体温よりも接触温です。
計測温度と肌で感じる熱さが逆転するのが面白いです。

 

・ダイプラストウッド
廃材から生まれた高機能再生プラスチック。
(低CO2川崎ブランド’17受賞)
鉄道枕木にも多用されていますが、今回は選外となる結果に。
温度上昇は常に一歩出遅れ、
そして、一度温まったらなかなか下がらない。

建築では、ダイレクトゲイン(直接蓄熱)という設計の仕方があります。
冬の昼に陽を受けて温度を上げ、
回りのものが冷える夜間にじわじわと放熱させる仕組み。
この素材、タイルよりダイレクトゲインに向いていると思います。

・テラコッタ
意外な結果があったとすれば、これ。
面で触れるものでありながら、意外と温度が高くない。
普段裸足で踏むことがないので、まったくわかりませんでした。
素焼きならではの気泡が効いているのかもしれません。

 
結局のところ、日射が重要で、
気温と湿度はあまり関係なかったのではないですかね。
 

一応、さんごのおかげでわかったこともあります。

毛が載る。

緑の濃いリアリーでは、明らかに目立ちます。

それでも、自分がチワワなら柔らかいリアリーに1票ですね。
明野設計室としては、メモリーに1票入れておきます。

 

(スタッフSusa)

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。