明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

私を待っていた?「夜と霧」

日々のくらし2021.10.05

日曜日。

早朝に映画を観た後、階下のBOOKOFFへ行った。

お目当ての本はヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」。

初めて来た店内、あまりの広さに、探す気が失せる。

カウンターへ行き、

「在庫確認なんてしていただけないですよね、、、」と弱気に質問。

「目視でよろしければ。本の題名は何ですか?」と若い男性店員。

(・・・目視かぁ~)

この店舗には、一体何万冊の本があるのだろうか。

さらに、ここは古本屋で私の探しているのは売れ筋の新刊でもない。

どう考えても目視では無理だろう。

「『夜と霧』です。」

しかし、彼は私の予想とは裏腹に間髪入れずに、

「こちらです。」と言って、店内をどんどん奥に突き進んで行った。

しかも、着いてゆくのが精一杯なくらいのスピードで、躊躇なしに一直線だ。

「こちらですか。」

私の探していた本だった。

「すごいですね」と自然にポロリ。

「私も『夜と霧』が好きなので。」

ちょっと幸せな日曜日のはじまりでした。

 

(Misako)

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。