明野設計室

Blog

日々の記録や日記

旧ブログはこちら

エイリアンには気をつけろ!

ただいま仕事中2021.12.24

サンタもやってきますし、
今日は住宅の防犯のおはなし。

違いました。
インターネット環境のおはなし。

関東を中心に少しずつ、次世代の光サービスが始まってきました。
1Gbps(1秒あたり1ギガビット)を超える高速光サービスです。
このサービスの恩恵を受けるためには、
これまで一般的だったCAT5e規格のLANケーブルでなく、
上位規格のLANケーブルが宅内全域に必要になります。

ちゃんと申し込みページにも注意書きがありますよ。
例えば、NTT東日本だと、こちら。

「CAT6A規格以上」とあります。

すごく、、、字が、、、小さい。

そんなわけで当事務所では、改修の場合を除き、
標準でCAT6Aケーブルを採用してもらうようにしています。

しかし、このCAT6Aケーブル。
電気職方さんたちからは、今までのケーブルよりも、
硬い、曲がらない、太い、切りにくい、と大変評判が悪いです。

そんなときは「知ってます。がんばって!」と、
笑顔で返すようにしています。(≒ 解決してない)

もちろん、採用はまだまだ時期尚早という考えもあります。

LANケーブル自体、空管内に配線してもらっていますので、
実は、建て主さんご自身で入れ変えることも可能です。
(信号線のため、電気的に危険ということもない。)

ただ、そういう趣味がある方以外は、きっとやらないのでは?

ちなみに、硬い原因でもある中央の黒十字。
目的は、 ”エイリアンクロストーク” を予防するためです。
”漏話混線” というと、昭和の人には馴染みがあるでしょうか。

友だちの家に電話をかけているのに、別の家の電話が聞こえてきたとか。
AMラジオを聴こうとすると、海外のラジオ局が聴こえてきたりとか。

いずれも別の信号が干渉してしまう現象です。

高周波の信号線になるほど、より干渉予防が必要になります。

コロナ渦を通して、
テレビ会議やYouTube配信、リアルタイムTVゲームなど、
宅内での通信もますます盛んになってきました。

ただ、どう頑張っても通信規格の寿命と、住宅の寿命は合いません。
進化のスピードが早すぎます。

まだ見ぬ未来の通信技術に対応するのは難しいですが、
少しでも見えているものは先読みするよう心がけています。

 

(スタッフSusa)

▼画像引用
・協和ハーモネットのLAN製品 cat6Aについて
https://www.harmonet.co.jp/harmonet-products/c6atips.html

カテゴリー

リンク

  • retore当事務所で内装を設計した吉祥寺にあるセンスの良いリユースショップです
  • ハンドワークスファクトリ―当事務所の丸テーブルを作製していただいた静岡県藤枝市にある家具作家さんのアトリエです
  • 正木屋福島での仕事の時だけでなく、床材等でお世話になっている福島県いわき市にある材木屋さんです
  • フェリーチェ美佐子のおさななじみが開業しているもみほぐしサロン。リーズナブルな価格で心身すっきり。
  • KANOCOビール近所にある小さなクラフトビールのお店。ビールはもちろんですが、店主のセレクトしたワインもお薦め。ひいきにさせていただいています。